心地よい水辺は、都市を豊かにし、人を豊かにします

​人を優しくクリエイティブにします

​豊かな都市の水辺再生を願って…

Waterfront Revitalization

2018年春 刊行の「東京人・臨時増刊号」向けのまちあるき座談会に参加しました

November 02, 2017

兜町・茅場町 - 金融街、水都という歴史的資産をどう発展・創造できるか…をテーマに、陣内秀信(法政大学教授) x コルベッラ・マルコ(建築家)x服部充代(インテリアデザイナー)としてまちあるき座談会をしました。2018年、臨時増刊号をお楽しみに。

建築フォーラム2017「建築史の可能性への挑戦」に参加します

October 29, 2017

来年3月に法政大学を退任する陣内秀信先生との連続対談。その第7回目に服部充代も、東京都現代美術館学芸員、藪前知子氏と共に登壇させて頂きます。テーマは、「都市・地域とアート MOTサテライト2017春 往来往来を通して」。私は、陣内先生のリクエストにお答えし、最近のNYでの地域xアートのお話しをさせて頂きます。ここでは、これまでの集大成とも言える、アートx水辺に関する思いをしっかりとお話しするつもりです。予約不要。是非、お立ち寄りください。 また、2018年2月24日には、陣内先生の最終講義も開催されます。こちらも是非。
7.11月28日(火) 「都市・地域とアート MOTサテライト2017春往来往来を通して」 

水辺からアプローチするアートシーンズ #1

March 10, 2017

​東京都現代美術館が清澄白河を舞台に開催する "MOTサテライト2017春 - 往来往来"。このアートシーンに水辺からアプローチしてみました。 「水辺からアプローチするアートシーンズ」とは、法政大学・陣内秀信研究室の協力の元、水辺xアート、都市xアートの可能性を、具体的な事例を通して考察する実験的なプログラムです。その最初のケーススタディとして、MOTサテライト2017春にアプローチしています。是非、特設サイトをご覧ください。

ミズベリング

November 07, 2016

国土交通省水管理 国土保全局河川環境課 ミズベリング・プロジェクトのアドバイザリーボードメンバーを拝命しました。 水辺から見た都市のビジョン、アート&クリエイティビティーと水辺の再生の関わりを視野に、これからの都市の本当の豊かさを水辺から考え、微力ながら、今の自分に出来ることにしっかりと取り組んで参ります。

『水都学V 特集 水都研究』

March 26, 2016

法政大学出版局から『水都学V 特集 水都研究』が発行されました。like air + water の服部充代は、『ニューヨークにおけるウォーターフロントの新たな展開』を寄稿させて頂いています。

「米国北東部の水都」調査報告書

January 26, 2016

「米国北東部の水都」調査報告書 法政大学デザイン工学部建築学科・陣内研究室編 が発行されました

1 / 1

Please reload

©2019 like air and water co., ltd., All rights reserved